マワーキート (ミーカートの複数形)
160

ミーカートの定義

ミーカートの語義:

二つの物事の境界.

ミーカートの法的意味:

立法者(アッラーまたは預言者)が信者に時間や場所を限定しているもの。

ミーカートの種類ê

第1:場所のミーカートê

場所のミーカート:ê

立法者がそこからイフラームになるために定めた場所。

巡礼あるいはウムラを望む者は、そこをイフラーム以外では乗り越えることは許されていません。それは5か所あります。(シャィフ・アブドッラー・アルバッサーム氏による論考マワーキートとそれらの距離雑誌イスラーム法学会第3巻3号1553ページから引用)

1.ズルフラィファ

それは、現在マディーナの南方にあり、アブヤール・アリーと名付けられています。マッカから約420km離れています。 それはマディーナの住人のミーカートです。

05_03_001-Ḍhul-Hulayfah.png

ズルフラィファ

2.ジュッファ:

それはラービグ市に近い場所でマッカから約186km離れています。

それはシリアとエジプトとモロッコの住人に対するミーカートです。

05_03_002-Al-Juḥfah.png

ジュッファ

3.ヤラムラム:

それはイエメンの人がマッカに行く道路にある大きなワジ(枯れ谷)です。現在は、サアディーヤと名付けられています。マッカから約120km離れています。

それはイエメンの住人のためのミーカートです。

05_03_003-Yalamlam-(As-sa‘diyyah).png

ヤラムラム

4.カルヌルマナーズィル:

そこは現在、サイルルカビールと名付けられていて、マッカから約75km離れています。

それはナジドとターイフの住人に対するミーカートです。そしてハダー方面のターイフ道路の一番高い地点にある場所は、ワーディー・ムフリムと名付けられています。それらはナジドの住人とターイフ道路からやって来る者のミーカートです。

05_03_004-Qarnul-Manāzil-(As-sayl).jpg

カルヌルマナーズィル

5.ザートイルク

現在、そこはダリーバあるいはハリーバートと名付けられています。そこはマッカから東に約100km離れています。しかし現在は廃棄されています。

それは東部の住人(イラク、イランとその背後にある地域の住人)に対するミーカートです。

前述の根拠は、イブヌ・アッバースが次のように語った伝承によります。(アッラーのみ使いは、マディーナの住人にズルフラィファを、シリアの住人にはジュッファをナジドの住人にはカルヌルマナーズィルをイエメンの住人にはヤラムラムをそれぞれミーカートに定めました。そして言いました。それらはその住人と住人以外でそこを通ってハッジやウムラを行う者たちのためのものです。それ以外の者は、育ったその場所から、マッカの住人は、マッカから巡礼に出かけます)。(合意の伝承) (またザートイルクについては、前述のハディースには記述されていません。それはカリフ・ウマル・ブン・ハッターブによって定められたものです)(ブハーリーの伝承)

05_03_005.jpg

ザートイルク

05_03_006.psd

要請

イフラームなしにこれらのミーカートを越えてしまった者は、可能であれば再びその場所まで引き返さなければなりません。もし不可能であれば、フィドヤ(賠償)をしなけらばなりません。それはマッカで一頭の羊をザバハ(犠牲に捧げること)し、ハラムの貧者に分配することです。

住人以外でこれらのミーカートを通過する者は、そこでイフラームになります。もしナジドの住人がマディーナ道路から巡礼する時にはアブヤール・アリーでイフラームになります。

マッカの方角からミーカートの内側に住居のある者(ジェッダやバフラやシャラーイウなどの住人)は、ハッジやウムラのためのイフラームはその場所からになります。

陸路なり海路なり空路なりでミーカートを通過しない道を通ってやって来る者は、一番近いミーカートに面した時にイフラームになります。それはウマルの次の言葉によります。(あなた方の道路からそのミーカートに面した所を見なさい。)(ブハーリーの伝承)

第2:時間のミーカート

時間のミーカート

ハッジとウムラの時間

a. ハッジの時間的ミーカート:

巡礼の月は、シャゥワール月(⒑月)とズルカアダ月(11月)とズルヒッジャ月(12月)の10日です。

b. ウムラの時間的ミーカート:

一年中