イーマーンの諸基幹

定命への信仰

イーマーンの諸基幹 定命への信仰

人々の(崇拝行為の)ために設けられた最初の館こそは、祝福に溢れた万有への導きであるマッカのそれ(カアバ神殿)である。そこには数々の明白なみしるしがある。(その内の1つが)イブラーヒームの立ち所(である)。そこ(マッカの聖域)に入った者は安全なのだ。そしてそうすることが出来る人々には、その館を訪問するというアッラーへの義務がある。それを否定する者があっても、実にアッラーは何ものをも必要とされてはいないのだ。

人々の(崇拝行為の)ために設けられた最初の館こそは、祝福に溢れた万有への導きであるマッカのそれ(カアバ神殿)である。そこには数々の明白なみしるしがある。(その内の1つが)イブラーヒームの立ち所(である)。そこ(マッカの聖域)に入った者は安全なのだ。そしてそうすることが出来る人々には、その館を訪問するというアッラーへの義務がある。それを否定する者があっても、実にアッラーは何ものをも必要とされてはいな ...

アッラーへのいざない

アッラーへのいざない

イァティカーフ(お篭り)

イァティカーフ(お篭り)

諸々の徳 8 - 預言者ムハンマド(彼にアッラーの祝福と平安あれ)の教友たちの徳

諸々の徳 8 - 預言者ムハンマド(彼にアッラーの祝福と平安あれ)の教友たちの徳